FC2ブログ

昔から欲しかった物

まぁ~色々欲しい物は途切れずにあるんですけど、

中学生くらいから欲しかった物があります。

それは防音室。
欲しかった理由は単純に夜でも楽器の練習ができるから

で、それは今でも一緒。
でも欲求は膨らんで
防音設備の整った作業部屋。
夜中に楽器吹こうが、電動工具使おうが、文句言われない部屋が欲しい。

仕事が終わってから、家に辿り着くのが9時~10時頃。
そうなると、音楽を満足な状態で聞く事もできない時間帯。

もちろん楽器の練習もできない。
バイクの整備もできない。

週末迄我慢すれば良い事なんだけど、
元来、思い立ったらすぐに手をつけたい。

そういう意味では市内に住んでたときは
家の前が環状線、その向うが国道43号線という立地だったので
夜中でも好き放題やってたな。。。

あ~ユーフォニアム吹きて~なぁ

ん、

音楽って色々ありますよね、
Rock,Fork,Punk,Classic,演歌,歌謡曲,民謡,唱歌,民族音楽~
ジャンルで別けると切りがない。
でもどれだって良いじゃないですかね、好きなんだから
っと思う事があります。

先日も一人で飲みに行った時にも、
そう言う事がありました。
クラシック畑の人でクラシック命、
クラシックしか認めませんというタイプの方
と話する流れになった、
「クラシック、好きですよ、」という僕に
「それでロックとか聞くのは判らない」とおっしゃる。

たしかに、音楽をキチンと勉強した訳ではない、
でも音楽家になった訳では無いので
聴衆としてなら、別に何聞いてもいいじゃないですか、
「それは作家に対しての尊敬が~」

いやいや、数ある曲の中から、その曲を選んでるだけでも~
尊敬の念って入ってるやん。

まぁ凝り固まった人との話は疲れる(笑


プチFM802?FMココロ?

通勤の車中ではFMラジオを聞いています

朝はFM802のヒロさんの番組
帰りはFMココロかNHKーFM。
仕事中の車中はだいたいFM802かな。

で。
昨日の帰宅中FMココロにチューニングを合わして聞く。

良い曲が掛かってる
DJ喋る
何時もと違う


なんでマーキーが喋ってる

KIYOMIさんまで喋ってるのん


頭をよぎったのが
古き良き802…

家に帰って調べてみた

なん?
ココロって802買収されたんか?
業務提携と言うには…な内容だな…

802の昔の番組復活って感じだな

DJもジーン長尾さんとか、カマサミ・コング、ちわきまゆみにドンビーバー…

でもココロのDJで好きだった「日本人より日本語を知ってる」ジェフリーさんとか、名前消えてるし

これは、複雑だなぁ

最近の802は五月蝿いばかり、DJが喋る内容も子供っぽくて、掛かる曲も流行りモンが多くなり、
「局」で聞くより「番組」「DJ」で聞く事が増えて
その分、ココロとNHKを聞く事が増えていたんですがね
特にココロはここ数年気に入ってたんですが。

確かに番(局)宣を聞いてると、期待は出来る。
というか古き良き、まだ「志」というか、格好良かった頃の802な感じかな、
その通りにしてくれれば(笑

でも、ココロも良い局だから、ココロの「志」も無くして欲しくないなぁ

しかし、このまま行くとしたら、平日はヒロさんの番組意外は、ココロ聞く事になるだろうな。
本当に、最近の夕方からの番組は、耳が痛いだけでストレスを感じる事が多かったからなぁ。


…その後にもう少し調べてみた。。。
今迄のFM COCOROは消えてしまったに等しいんですね。。。

耳で考える ―脳は名曲を欲する 養老 孟司 (著), 久石 譲 (著) (角川oneテーマ21 A 105)

今日は余興さん風に(笑

久々に正味1時間30分一気読みしました。
養老氏と久石氏の対談をまとめた本で、字も大きかったからすぐに読んでしまった。
実はこの本、先日一緒に深酒した同僚の酒豪K君から借りた本ですが、
買って手元に置こうと思ってます。

では本題、
養老氏の多岐にわたる知識の豊富さ、
久石氏の音楽に留まらない色々な物に対する観察力には敬服してしまう。

先日詐欺で起訴されて、判決の下された某有名ピコピコ音楽の作曲家と
同じ沢山の有名曲を生み出し、動もすれば売れ線狙いの~
と揶揄されてもおかしく無いのにそうならない、久石氏。
この違いは使う頭の方向性とスタンスの違いだと確認できたのだけでももうけモンだ。

昔から「ながら」で何かをする時に聞く音楽と、
ほんとに好きな音楽が違うのはなぜだ?
と感じていた疑問にも答えをくれたように思う。

久石氏が映画に音楽をつけるに、
目の認識スピードと、音楽の認識スピードの誤差を計算して、数コマずらして
音入れをするっていうのには、拍手するしかない。

これらの事については、本書の中で養老氏がきちんと、
学問として説明してくれているから、消化不良にならない。
たとえば本書の中で言われている目と耳の違い、
これは言われてみれば納得できる事が多かった様に思うし、
音楽以外の物(事)にもそのまま当て嵌めて考えると納得しやすい事が多い様に思う。

ただ、残念なのが、やはりというか、全体の中で養老氏の話が締める割合が多い(笑
これは、養老氏の発言に対して久石氏が実体験、実作業等を説明し
それに養老氏が学問でお墨付きを付ける的な所が多々あった様に思うので
しょうがない部分もあると思いますが、
対談形式で、ホストが養老氏なのであれば、
もう少し聞き手としても、頑張って欲しかった(笑

余談ではあるが、自分がキャンプしていて、夜になればなるほどに
「耳が冴える」のも理屈としてよくわかった気がします。

秋らしく


虫の音
 と
風の音

最高です。
プロフィール

keyder

Author:keyder
Motercycle
Bicycle
Music
Camping
&uisce beatha

run&walk
取扱可能なモノ!
hiroko ヒロコーのオイル各種 取扱いしてます! 犬の乳酸菌
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
リンク
カテゴリ